30歳の男性が教える婚活恋活アプリwithで出会うコツ

最近、女性の間で監修がDaigoということもあり凄いスピードで流行り始めたアプリwith。

しかし、男性からすると監修がDaigoだからと言ってしっかり確実に女性をアプリ内で射止めれないければ意味がないわけです。

これは、どの男性も思う部分ではないでしょうか。なぜwithを利用するか?

出会うためです。しかし、ネットなどで調べてもwithで確実に出会うためのプロセスがイマイチ書かれてなかったりします。

初めて利用する人から見ると、本当に出会えるの?使えるアプリ?と不安さえ抱く人も出てくるのではないでしょうか。

僕なら、こう答えを出します。withは、しっかりプロセスを組めば確実に出会えるアプリです。

では、その出会うため(マッチング)するためのコツを伝授して行きましょう。

1 プロフィールの内容をしっかり明確に

当たり前の話ですが、登録時に一番最初に記載しなければいけない物でもあります。

なぜなのか?これは、女性が一番最初に男性を知るポイントになるからです。

どんなイケメンでも、このプロフィールがしっかり記載されていないとまずマッチングはできません。

withに登録されている女性のほとんどがゲーム感覚でマッチングを楽しむ方が大半です。

では、そのゲームとは?

監修Daigoが作ったメンタリズムを使ったものです。

そこで、せっかく相性診断で女性が男性を気に入ってもプロフィールの内容が無ければこの人大丈夫?せっかくマッチングしたのに怖くていいねできない。

なんてことにつながる可能性があるからです。もし、男性側が女性を見た時プロフィールが何もなければサクラや業者では?と感じるのと同じではないでしょうか。

プロフィールは、しっかる埋める必要があります。

2 どんな内容が良いか?

ここからは、withの特徴も含まれてきます。withに登録されている女性はかなり若い年齢層です。

勿論、他社に比べると年齢層に幅があり良いのですがそれでも比率的には若い人が多いです。

そうなると、少し年配の方向けのプロフィールより若い人向けに作った方がマッチング率が上がるのは言うまでもありません。

若い女性は、どんなプロフィールを好むか?

若い人向けと言ってもwithは、婚活恋活アプリです。登録してる女性は皆真剣です。

タメ語やチャラついた内容は、絶対ダメです。

ここが、難しいところなのですが文章は、真面目に書いても平気です。

ただ、内容はお仕事の職種など大雑把に書いてください。

趣味なども、できるだけ大雑把に書いてください。

なぜ、大雑把なのか?これには、理由があります。

withに登録してる女性は、アプリ内にある恋愛診断を利用する事で少しゲーム感覚でマッチングを楽しまれてる人が多いです。

そこで、男性を覗いた時に全て完璧に仕上げたプロフィールを見るとそこで満足する女性や一歩引いてしまう女性が出てくる事があります。

しかし、大雑把に書く事で相手に興味を持ってもらう要素を作る。

これが、withでのマッチングで非常に大事な要素になります。

興味を持たれなければ、いいねは押されません。

では、興味を持ってもらうために仕掛けを作れば良い。ただ、それだけなのです。

全ての回答が、プロフィールにあればwithを使ってゲーム感覚でマッチングを楽しむ女性はいないはずです。(誰と相性が良いかわからない点が良いのです)

どんな男性と出会うのだろうか?など少しベールに包まれている部分があるからこういった恋愛診断でのマッチングアプリはドキドキするわけです。

そして、そのドキドキに女性は弱いのです。

3 サブ写真が重要

プロフィールの書き方OK。しかし、文字だけでは正直withでは弱いです。

理由は、女性の写真連載率はほぼ100だからです。

自分が写真を載せている。当然、相手にも求めてきます。

プロフィールと写真はある意味一心同体的な部分があります。切り離せない関係です。

僕は、個人的に言うとwithが優秀なのはまさにこの写真の部分だと感じてます。

理由はなぜか?

それは、withではメインの写真以外にサブで9枚も載せれるのです。

これは、婚活恋活アプリでは相当多いです。

そこで、先ほどプロフィールの内容を大雑把に書いてくださいといった事がサブ写真を使う事で活きてきます。

プロフィールの文章では、少し大雑把に書いてサブ写真(メイン写真はしっかり正面の写真を載せてください)で充実感をアピールできるわけです。

普通に、お仕事してる人で毎日遊んでたり旅行行ってたりなどの写真をサブにあげるのは不可能です。

しかし、軽くBARに行った時の写真など過去のものでも良いのです。

この写真イケてるなと思える写真をサブで9枚載せるとプロフィールの印象は変わります。

女性から見ると、文章は大雑把ですが写真が沢山ありそこはしっかりマメに連載されている。

どんな人なのだろうか?この人楽しそう。と普通に考えたらなるはずです。

withの場合、若い子が比較的多いので旅行の写真やディズニーランドなどの写真なんかは効果的です。

一緒に行きたいと相手に思わせたり、充実感満載で私も混ざりたい。と相手に思わせる事が、一番サブ写真を載せる重要性なのです。

そして、そのサブ写真が他社よりも多く載せれる。

これを、うまく使わないと損だという事です。

4 イベントを見逃してはダメ

withでは、毎月必ずイベントをしてます。

例えば、今のシーズン(12月の終わりにかけて)ならクリスマス相性診断などが行われてます。

withでは、イベントがかなり重要です。

理由は、イベント期間はこの診断によってアプリ内で自動でこちらに女性を紹介してくれます。

そして、なんと毎日10人いいねが無料なのです。

他社でも、イベントをしてる会社はあるのですが自分で女性を選んでいいねを自由に押せるのは、僕が知る中ではwithだけです。

そして、相性診断で紹介してくれてるのでマッチング率が非常に良いです。

確実に、マッチングをそれもいいねを消費しないで目指すならイベントは絶対見逃してはいけません。

5 メッセージのコツ

では、マッチング後にどんなメッセージを送れば良いのか?気になるはずです。

ここでも、最初に伝えたプロフィールの内容を大雑把に書いてサブ写真でアピールするという部分から繋がってます。

なぜプロフィール内で職種など大雑把に書く必要性があったか?

そして、写真までのプロセスはお話しました。

全て、ここのメッセージに繋げるためです。

メッセージでは、まず一番最初にマッチングしたら男性から挨拶のメッセージを送ってください。

こんにちは、初めましてよろしくお願いします。マッチングできて光栄です。

で良いです。

この、一番最初の何気ない挨拶は、マッチング前にどんなおちゃらけた写真を載せていても相手にチャラいと思わせていてもこの挨拶一つで帳消しにできます。

所謂、魔法の言葉です。

ここで、一つのギャップが生まれます。文字は大雑把だけど、写真はマメに沢山載せてある。

そして、マッチング後の挨拶は紳士。相手にしてみたら、マッチングした男性に対して興味だけの状態になります。

これは、出会うコツなのです。

今までの1〜4は、メッセージでやりとりするためのフリとして考えて貰えると幸いです。

この、ギャップを生むためのプロセスなわけです。

そして、2通目が大事です。

2通目で、大雑把だった職種などをしっかり明確に相手に伝えれば相手も自分を知って貰おうと名乗って来るはずです。

そうすると、自然と出会いが完璧に成立します。

withに登録している女性は、かなりロマンチストな人が多い印象です。

所謂、運命的な感じです。だから、恋愛診断などが多く用いられたwithに登録してるわけです。

withに登録してる女性は、若い層の人が比較的多いので出会いに関してはポジティブな人が多いです。

なので、上記のようにある程度自己紹介したら、すぐにライン交換をしましょう。

3〜4通目辺りが目処です。これを、超えると相手が飽きてしまう可能性があるのでできるだけ早くが良いです。

これは、一番最後のwithでの出会うための大事なコツです。

是非、試してみてください。

withではコミュニティーも見逃すな

withでの出会うためのコツでの補足になりますが、withには、数多くの出会うための

コミュニティーが用意されてます。

これは、マッチングする上で非常に大事です。理由は、マッチング後の会話に困らないメリットがあります。

そして、マッチング率が非常に高いです。

やはり、同じ趣味などからのマッチングを試みるので親近感が湧きやすいのでしょう。

そこから、マッチング後のやり取りになると今まで話した出会いのプロセス抜きでもしっかり出会えたりする可能性があります。

それは、同じ趣味で繋がれるからです。(注意ですが、プロフィールの記載は必ず行ってください)

withでは、恋愛診断から攻める方法とコミュニティーから趣味や好きな物を選んで女性とマッチングしていく方法があります。

ですので、両方贅沢に利用していくのが一番良いコツにもなります。

有料プランの選び方

有料プランの選び方は、個々によって違うとは思いますが僕がオススメするのは

1ヶ月プランでやってみる事です。

どうしても、こればかりは相性があります。

一度、1ヶ月プラン(3400円)で使ってみてよければ続投が良いです。

それに、アプリも時期により会員数が多いアプリと少ないアプリがあります。

広告の関係でしょうか。

なので、すぐに乗り換えれる準備ができていた方がよいですし、尚且つ自分の理想の相手が見つかればすぐ退会できるようにしておいた方が良いという意味もあります。それが、一番コスパも良いはずです。

もし、一度長期で契約すると払い戻しができないのでそこは、注意が必要です。